カワムツブログ!

管理人ヨッシーによる釣り・アウトドア・旅に関する日々の雑記帳。関西から九州地方までの釣り情報も載せていこうと思ってます。
南九州の旅 3 指宿〜吹上浜〜天草編
0

    JUGEMテーマ:旅行

     

    3日目の朝、指宿フェニックスホテルを出発。

    この日は以前から行ってみたかった

    薩摩半島の観光名所巡りへ。

     

    まずはホテルから近い鰻温泉(うなぎおんせん)へ。

    鰻温泉はかつて西郷隆盛が湯治に使ったという

    由緒ある温泉です。

     

    指宿 鰻温泉(うなぎおんせん)

     

    明治34年に開設されたという公衆浴場で入浴。

    お湯は透明で比較的熱め、熱い湯が苦手の私は

    長くは入っていられませんでした。

     

    温泉もいいのですが湖沼マニアの私には、

    池なのに水深が56mもあるというここ鰻池を

    実際に見てみたかったのです。

    鰻池は水質も良くとても雰囲気の良い池でした。

     

    指宿 鰻池(うなぎいけ)

     

    鰻温泉を後に次は薩摩半島最南端・長崎鼻へ。

    長崎鼻は眼下に南国らしい明るい大海原が広がる

    風光明媚な場所でした。

    ここから見える開聞岳も写真映えがします。

     

    指宿 開聞岳

     

    それから池田湖へ出発。

    先ほどの鰻池同様、湖沼マニアの心をくすぐる

    九州最大・最深の湖です。

    周囲15km、水深はなんと233m(国内4位)

    もあります。すごい…

    以前は「イッシー」というネッシー的な生き物が

    居ると噂されていましたね。

    池田湖は水がきれいで非常にいい感じの湖でした。

    ボート出して漂ってみたかったです…

     

    指宿 池田湖

     

    お昼には枕崎港にある枕崎お魚センター・ 

    展望レストラン『ぶえん』へ。

    ここで「ぶえんカツオ」というものをいただきました。

     

    枕崎おさかなセンター ぶえんカツオ刺身

    枕崎おさかなセンター カツオ腹身塩焼き

    枕崎おさかなセンター カツオびんた膳

     

    ぶえんとは「無塩」とのことで、塩を使わないでいいほど

    新しく鮮度のいい活締めカツオのことだそうです。

    私は「かつおビンタ膳−1.680円」

    連れは「ぶえん鰹刺身膳−1.480円」

    かつおビンタとはかつおの頭丸ごとの煮つけです。

    ぶえんカツオ美味しいですね。

    その他におすすめはカツオ腹身の塩焼きです。

    初めて食べましたが美味しかった。

    本場・枕崎のカツオを満喫できました。

     

    お腹を満たした後は念願の吹上浜へ。

    吹上浜は学生のころから行ってみたかった場所です。

    なんで?と言われても困りますがなんか昔から

    地図を眺めながら「行ってみたかった」のです。

     

    吹上浜

     

    砂浜がどこまでどこまでも続きます。

    私の故郷の佐世保には無い雄大な海岸の風景です。

    素敵な場所ですね。

     

    夕暮れが近くなり東シナ海を左に見ながら

    海岸沿いに北上。

    本日の宿である天草・長島の民宿・夕暮荘

    を目指します。

    この辺り、東シナ海に沈む夕日が美しいですね。

     

    東シナ海

    鹿児島 長島の夕暮れ

     

    夕暮荘は低料金ですが清潔で感じのいい民宿。

    お刺身盛り、鯛のアラ煮、エビの塩焼き・天ぷら、

    アラカブの唐揚げ・味噌汁、ブリかま等々…

    晩御飯の海鮮料理がほんと素晴らしかったです。

    これで一泊二食6500円は安い!

    かなりおススメの宿でした。

     長島・民宿夕暮荘

    長島・民宿夕暮荘夕食

    長島・民宿夕暮荘 鯛の荒炊き

     長島・民宿夕暮荘 アラカブの味噌汁

     

    翌朝、朝食の後チェックアウト。

    長島・蔵之元港より三和フェリーにて天草・牛深港へ。

    天草下島を北上し鬼池港から島鉄フェリーにて

    島原・口之津港へ。

    そして無事帰宅できました。とても楽しかった!

     

    〇 鹿児島県観光サイト

    http://www.kagoshima-kankou.com/

    〇 区営鰻温泉

    http://www.ibusuki.or.jp/spa/public/unagi/

    〇 長崎鼻パーキングガーデン

    http://nagasakibana.com/

    〇 枕崎お魚センター 展望レストラン『ぶえん』

    http://makurazaki-osakana.com/

    〇 民宿夕暮荘

    http://www.yuuguresou.jp/

    〇 三和フェリー

    http://www.ezax.co.jp/index.htm

    〇 島鉄フェリー

    http://www.shimatetsu.co.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=28

     

    | トラベル | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    南九州の旅 2・桜島〜錦江湾〜指宿編
    0

      JUGEMテーマ:旅行

       

      前回の記事 よりかな〜り経ちましたが(笑)続きです。

       

      南九州の旅2日目の朝、

      朝食バイキング(美味しかったです)の後

      霧島キャッスルホテルを出てすぐ霧島温泉郷の中心にある

      「霧島温泉市場」へ。

       

      霧島温泉市場

       

      霧島温泉市場は観光案内所や、おみやげ店、

      食事処があります。

      温泉の蒸気で蒸した食べ物も売ってたので、

      さつまいもや蒸した卵を購入。

       

      特に卵は独特の風味があって美味しかったです。

      ぜひ食べて下さい。

       

      本日は桜島→佐多岬→錦江湾フェリー→指宿泊の予定。

      錦江湾に向かってとりあえず南下開始。

      やがて海が見え、海岸沿いに進むと視界に桜島が。

       

      桜島

      桜島山頂付近

       

      初めての桜島。車でぐるりと廻ってみました。

      途中の展望台で写真など撮ったり。

       

      対岸に鹿児島の街並みが見えます。

      結構近いんですね。

       

      さらに南下し鹿屋市の漁港にある「みなと食堂」でランチ。

       

      漁協直営のお店で鹿屋名物のカンパチ料理が名物だそう。

       

      人気のかんぱちの炙り丼(800円)と

      小エビのかき揚げ(150円)をオーダー。

       

      鹿屋 みなと食堂

      みなと食堂 カンパチの炙り丼

      みなと食堂 小エビのかき揚げ

       

      かんぱちは炙ってあるので生臭さが無く

      美味しかったです。

       

      特に小エビのかき揚げは「小エビたっぷり」で、

      衣は最小限でエビ好きにはたまりません。

      ほんとに150円でいいの?って感じです。

       

      かんぱち漬け丼(700円)も美味しいらしいですよ。

       

      満足のランチの後は佐多岬へGO。

      しかし最終フェリーの時間の関係で途中で断念。

       

      大隅半島の根占港より「フェリーなんきゅう」に乗船。

      およそ50分ほどの錦江湾横断クルーズを楽しみます。

       

      フェリーなんきゅう

      ふぇりーなんきゅう 指宿遠景

       

      対岸の山川港に着きすぐ

      「指宿フェニックスホテル」にてチェックイン。

       

      指宿フェニックスホテルさんは前日の

      「霧島キャッスルホテル」さんと同じく

      「昭和な感じ」の大型観光ホテル。

       

      広い敷地内にはフェニックスなど

      南国の植物も植えられ南国ムード満点。

      リゾート感あっていいですね。

       

      指宿フェニックスホテル

      指宿フェニックスホテル客室からの眺め

       

      晩御飯には伊勢エビのマヨネーズ焼き、

      黒豚のしゃぶしゃぶ、お刺身など…

      宿泊料金からすると内容良く満足でした。

       

      部屋から見える錦江湾、山川港の眺めも良かったです。

       

      〇 霧島温泉市場

      http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10097/

      〇 みなと食堂

      http://kagoshima-sakana.com/kagoshima-sakana/eat/diner/35-kanoya/28-kanoya.html

      〇 フェリーなんきゅう

      http://nankyu-ferry.com/

      〇 指宿フェニックスホテル

      http://phoenixhotel.co.jp/

       

      | トラベル | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
      南九州の旅1・霧島〜えびの高原編
      0

        JUGEMテーマ:旅行

         

        先日、休みが取れたので以前から

        行ってみたかった南九州の旅に出ました。

         

        3泊4日で霧島→大隅半島→指宿→天草

        の行程です。

         

        朝、佐世保の自宅を出て高速に乗り、

        鳥栖ジャンクションから鹿児島方面へ。

         

        昼前に横川ICで降り、霧島温泉駅付近のカフェ

        「メゾン ド トゥールモンド」さんでランチ。

        お洒落な雰囲気のお店で、

        ランチもリーズナブル&美味でした。

         

        その後霧島神宮参詣へ。

         

        南九州の旅・霧島神宮

         

        霧島神宮は森に囲まれ、境内は明るく

        いい雰囲気です。

         

        入り口には温泉が湧いている池が

        ありました。さすがは温泉地。

         

        霧島 高千穂の峰

          ・高千穂の峰 

         

        参詣の後はえびの高原へ。

         

        気持ちのいい森の中をゆっくり走っていくと、

        途中で二度も野生の鹿に出会いました。

         

        えびの高原は南国・鹿児島・宮崎県境の

        山地ですが、標高が高いために

        うっすらと雪景色。

         

        えびの高原

         

        その後、「新湯温泉 国民宿舎新燃荘」にて

        立ち寄り入浴。

         

        新燃荘のお湯は濃い乳白色でいかにも温泉

        といった感じ。

        私が今まで入ったことのある温泉の中で、

        一番の泉質だと思います。

         

        南九州の旅・霧島温泉 新燃荘

         

        硫黄成分が非常に濃いので30分以上の入浴は

        安全上の理由で禁止されています。

         

        内湯と混浴の露天風呂があり、

        混浴はバスタオルを巻いての入浴が可能です。

         

        女性の更衣室には専用のバスタオルが

        用意されているとのことです。

         

        山を下り霧島温泉郷へ。

        本日の宿は「霧島キャッスルホテル」さん。

        昭和な感じの大型観光ホテルです。

         

        霧島キャッスルホテル

         

        施設は少々古びていましたが、

        夕食のバイキングは黒豚料理やキビナゴなど

        鹿児島の郷土料理もありなかなかの充実、満足です。

         

        霧島キャッスルホテル眺め

          ・部屋からの眺め

         

        浴場の天然温泉も良かったですね。

        部屋も広く鹿児島、錦江湾方面の眺めも良く

        満足の宿でした。

        「霧島キャッスルホテル」さん、

        おすすめのホテルです。

         

        〇 霧島神宮

        http://www.kirishimajingu.or.jp/ 

        〇 霧島キャッスルホテル

        http://www.hmi-ryokan.jp/castle/

        〇 新湯温泉 国民宿舎新燃荘

        http://kirishimakankou.com/guide/2013/06/post-36.html

        〇 メゾン ド トゥールモンド

        http://maison-de-tout-le-monde.com/

         

        | トラベル | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
        青春18きっぷの旅 錦帯橋〜宮島・後編
        0

          JUGEMテーマ:旅行

           

          前編・岩国編 からの続きです。

           

          岩国を出て山陽本線にて一路宮島へ。

           

          宮島口駅にて下車。

          駅近くのゲストハウスにてチェックイン。

          荷物を置いてから宮島へフェリーで渡ります。

           

          宮島 厳島神社 鳥居

           

          宮島行のフェリーは外国人でいっぱいでした。

          (白人の方が多かった)

           

          宮島でとりあえず晩ごはん。

          広島名物の牡蠣を食べようと

          「焼きがきのはやし」さんへ。

           

          「焼き牡蠣」や「牡蠣ごはん」を

          頂きました。

           

          宮島 カキめし

           

          宮島 はやし 焼がき

           

          広島のカキは身が大きいというのは

          知ってましたが、はやしさんで出てくるカキは

          ホント大きいですね。

          身もプリプリでとても美味しかったです。

           

          お腹も満たしたところで厳島神社へ。

           

          宮島 厳島神社

          宮島 厳島神社

           

          暮れなずむ瀬戸内の海と厳島神社。

          ものすごくいい雰囲気ですね。

          来てよかった…

           

          宮島 厳島神社

          宮島 厳島神社 夕景

           

          この素敵な雰囲気の中で、

          大勢の外国人の方々も

          浜辺でビール片手にまったり

          されてました。

           

          この晩は宮島口に戻り、

          シンプルステイ宮島さんで一泊。

           

          ベッドがスチールパイプ製で、

          ちょっとギシギシ音が気になりましたが、

          清潔で低料金の宿でした。

           

          翌朝は駅前で名物駅弁穴子めしを購入。

          値はだいぶ張りますが、

          これはとても美味しかったです。

          一度は食べたほうがいいですよ。

           

          駅弁・うえの・あなごめし

           

          鉄道と駅弁と観光名所の旅。

          とても楽しかったです。

           

          今後も年に一度はこんな鉄道旅行に

          行きたいですね。

           

          前編・岩国編はこちらから 

           

           

          宮島観光協会

          http://www.miyajima.or.jp/

          焼がきの はやし

          https://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34002301/

          シンプルステイ宮島

          http://www.simplestay.biz/

          あなごめし・うえの

          http://www.anagomeshi.com/index.html

           

          | トラベル | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
          青春18きっぷの旅 錦帯橋〜宮島・前編
          0

            JUGEMテーマ:旅行

             

            もうだいぶ経ってしまいましたが(笑)

            この夏の終わりに、

            ものすごく久しぶりに、青春18きっぷ を

            使って旅行に出かけました。

             

            青春18きっぷ

             

            テーマは 「ベタな観光地巡り」

            若いころはあえて無視してた日本各地の

            「メジャーすぎる観光地」

            に最近行ってみたくなりました。

            年を取って心に余裕できたんでしょうか(笑)

            (相変わらず懐に余裕はありませんが…)

             

            青春18きっぷは名前の通り若者向けの切符ですが、

            老若男女誰でも利用できます。

             

            11850円で、各駅&快速電車一日乗り放題きっぷが

            5枚セットになってます。

            但し期間限定で、毎年学生の夏休み・冬休みに

            あわせて発売されています。

             

            目的地は山口県岩国市の錦帯橋と広島県の宮島。

            二泊三日の旅です。

            途中、車窓からの瀬戸内海の風景も楽しみ。

             

            早朝佐世保を出発。

             

            九州の片田舎に住んでいると、

            車やバイクばかりで、

            鉄道に乗るのも何年ぶりかな?

             

            ちょっとワクワク♪

             

            列車飲み

            駅弁

             

            缶水割りとおつまみ、駅弁を楽しみながらののんびり旅です。

             

            途中肥前山口、鳥栖、小倉、下関、

            山口と乗り換え、岩国行きの普通列車へ。

             

            車窓には瀬戸内海の穏やかな風景が流れていきます。

            いったん大畠駅で途中下車。

             

            実はずっと以前から、この駅で降りて付近から見える

            周防大島との海峡風景をゆっくり見たかったんです。

             

            周防大島

             

            大畠駅付近でしばらく瀬戸内海ののんびりした風景を

            楽しんでからまた乗車。

             

            岩国駅で下車し、バスで錦帯橋まで。

             

            錦帯橋

            錦帯橋 ライトアップ

             

            錦帯橋なかなかいいですね。

            近くで見るとものすごくよく造りこまれています。

            夜のライトアップした橋もなかなか素敵でした。

             

            下を流れる清流・錦川の水もとても澄んでいて、

            鮎が泳ぐ姿も見えました。

             

            清流・錦川

             

            この日は錦帯橋近くの

            「元祖岩国寿司の宿 三原家」さんへ宿泊。

            三原屋さんは歴史ある感じの旅館です。

             

            元祖岩国寿司の宿 三原家

             

            しかし「老舗の割烹旅館」、「元祖岩国寿司の宿 」

            とあるのですがこの時なぜか素泊まりプランしかなく、

            結局外でご飯食べました。

             

            岩国寿司

             

            これが名物・岩国寿司です。

            わりとオーソドックスなタイプの押しずしです。

            岩国名産のレンコンが乗ってました。

             

            翌日、ロープウェイで岩国城に登城。

            ロープウェイから見る城下町の眺めもいいですね。

             

            岩国城ロープウェー

             

            この後、岩国駅から宮島へ向かいました。

             

            後編・青春18きっぷの旅 錦帯橋〜宮島編 へ続く。

             

             

            ★ 岩国市観光協会

             http://www.iwakuni-kanko.jp/

             

             

            | トラベル | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
            鷹島・福島グルメ&歴史ツーリング・2 福島編
            0

              JUGEMテーマ:旅行

               

              前回・鷹島編 の続きです。

               

              道の駅・鷹ら島を出た後、鷹島大橋を渡り

              いったん九州本土へ。

               

              そこから今度は福島大橋を渡り福島へ。

               

              福島地図

               

              福島は炭鉱で栄えた島で、現在はLPG基地と

              車エビの養殖、椿の群生林、そして棚田で知られた島です。

              (と言ってもそんなに知名度は高くないかも…)

               

              炭鉱全盛期は人口も多く賑やかな島だったようですが、

              今は静かな時間が流れています。

               

              福島温泉 つばき荘

              つばき荘

                  ・福島温泉ほの香の宿つばき荘

               

              とりあえず福島温泉つばき荘へチェックイン。

               

              荷物を降ろし身軽になってから、

              土谷地区の棚田の夕景を見に出発。

               

              土谷棚田夕景

               

              海に沈む夕日と棚田の風景、なかなか素敵でした。

               

              宿に戻りお風呂に入ってお楽しみの夕食。

              福島名産のクルマエビ、塩焼きに天ぷらうまいですね。

               

              クルマエビ塩焼き

               

              宿泊した「つばき荘」さんですが、

              こじんまりとした静かなお宿でした。

               

              お風呂は温泉で、鉄分が多いのか赤茶色に濁っており

              湯の花もたくさん浮いていて

              「ザ・温泉」って感じでよかったです。

              ぬるめのお湯も私にはよかったです。

               

              部屋もとても清潔で、ベランダから見える静かな入り江が

              とても素敵なお部屋でした。

               

              つばき荘さんかなりおススメの宿です。

              今度は両親を連れて来たいと思いました。

               

              つばき荘ベランダ

              つばき荘テラス

               

              翌日は福島を一周してみました。

               

              南側のつばき荘さんから北端の初崎海水浴場へ。

               

               

              福島 初崎

              初崎海水浴場

               

              人も少なくのんびりとしたいい感じの海水浴場ですね。

              今度は海水浴に来てみたいです。

               

              鷹島と福島、どちらも初めての訪問でしたがとても楽しく

              美味しい旅でした。

               

              いずれまた来ます!

               

              冷凍車エビ販売

               

              福島の直売所「海の駅」では冷凍車エビが安く手に入ります。

              バーベキューの食材に、お土産におすすめです。

               

               

              福島温泉ほの香の宿 つばき荘

               http://www.tubakisou.jp/

              福島漁協直売所 海の駅

               https://www.pref.nagasaki.jp/tisan/shop/detail.php?id=85

               

              | トラベル | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
              鷹島・福島グルメ&歴史ツーリング・1 鷹島編
              0

                JUGEMテーマ:旅行

                 

                長崎県北部の島、鷹島と福島で一泊二日の

                タンデムツーリング楽しんできました。

                 

                鷹島・福島グルメ&歴史ツーリング

                 鷹島・福島グルメ&歴史ツーリング 鷹島編

                       ・伊万里湾風景

                 

                鷹島と福島はともに伊万里湾に浮かぶ島で、

                島ですがどちらも橋で本土につながっており

                車・バイクで直接行けます。

                 

                どちらも長崎県松浦市に属する島なのですが、

                車・バイクで直接行く場合は、一度佐賀県側へ

                入らないと行けません。

                ちょっと変な感じ。

                 

                初日の朝、佐世保市の自宅を出発。

                伊万里を経由して鷹島へ。

                 

                鷹島 イラストマップ

                 鷹島・福島グルメ&歴史ツーリング 鷹島大橋

                       ・鷹島大橋

                 

                鷹島訪問は初めて。

                「モンゴル村というレジャー施設がある」

                とういうくらいの認識しかありません。

                果たしてどんな島なのか?

                 

                長〜い鷹島大橋を渡り、とりあえず一路

                島の北端・モンゴル村へ。

                 

                モンゴル村はモンゴルをテーマにしたテーマパーク。

                実は鷹島は元寇の際、モンゴル軍と日本武士団が

                最後の激戦を繰り広げた地なんだそうです。

                (ここら辺の知識は後で鷹島歴史民俗資料館で学習)

                 

                そんな地でかつて敵だったモンゴルのテーマパーク?

                ちょっと微妙な感もありますが、

                「激しい戦いの繰り広げられた地だからこその友好事業」

                ということなんでしょうかね。

                 

                鷹島ツーリング モンゴル村

                モンゴル村ふれあい動物

                 

                モンゴル村自体はのんびりとした感じの施設で、

                中年のオッサンには特に目を引くようなものは

                ありませんでしたが、

                敷地内のモンゴルのような草原とかは

                まったり過ごすにはいいかも。

                 

                またモンゴル村ではカピバラやヤギなどの

                「かわいい系動物」とのふれあいも楽しめます。

                親子やカップルで行くといいかもです。

                 

                お昼はモンゴル村近くの阿翁浦の港にある

                「旅亭・吉乃や」さんで。

                 

                鷹島ツーリング 旅亭吉乃や

                 

                観光パンフレットに吉乃やさんのすごい感じのする

                マグロ丼の写真が載ってたので行ってみました。

                 

                ホントにすごいマグロ丼でした。

                小鉢2品「ふぐ皮のカルパッチョと小アジの南蛮漬け」、

                鯛のアラのお吸い物、メインのまぐろ丼、

                デザートのきなこおはぎ、食後のコーヒー付きで

                なんと1500円です。

                 

                鷹島ツーリング 旅亭吉乃やまぐろ丼


                メインのまぐろ丼が圧巻でした。
                大トロと中トロがどんぶりいっぱい。
                実は鷹島はマグロとトラフグの養殖が盛ん

                なんですね。

                 

                満足のランチの後、鷹島歴史民俗資料館へ。

                元寇を中心に鷹島の歴史などが学べました。

                 

                鷹島歴史民俗資料館

                 

                前述の「モンゴル軍と日本武士団の最後の激戦」

                ですが、私の認識では、

                「元寇は神風が吹いて壊滅した」

                というものでしたが、

                実は嵐で船団は大打撃を受けたものの、

                まだ総勢10万人ほどの兵士が残っており、

                鷹島に集結し事後策を練っていたとのこと。

                 

                いわゆる「神風」以降に、

                こんな小さい島で10万人のモンゴル軍

                (ただし司令官は我先に本国へ逃亡したため

                戦意はかなり低かったようです)と

                日本武士団との掃討戦が繰り広げられていた

                とは驚きでした。

                 

                鷹島 道の駅鷹ら島

                        ・道の駅鷹ら島

                 

                この後、道の駅鷹ら島にてお土産を購入した後

                隣の島・福島へ向かいました。

                 

                福島編 に続く…

                 


                ★ 旅亭 吉乃や

                  http://www.takashima-yoshinoya.co.jp/

                ★ 鷹島歴史民俗資料館

                 http://www.city-matsuura.jp/www/contents/1227840289309/

                ★ 道の駅 鷹ら島

                 http://www.qsr.mlit.go.jp/n-michi/michi_no_eki/kobetu/takarajima/takarajima.html

                 

                | トラベル | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                昭和オヤジ旅・高千穂〜杖立温泉(2)
                0
                  JUGEMテーマ:旅行

                  前回の更新からだいぶ経ちましたが(笑)、続きです。

                  翌朝は天岩戸神社に参詣ののち、
                  高千穂が見下ろせるという国見ケ丘へ。


                  高千穂 国見ケ丘


                  有名な雲海は時間が遅く見れませんでしたが、
                  晴れ渡ったお天気で高千穂の地が一望できました。

                  高千穂は天孫降臨の地にふさわしく、
                  素晴らしくすがすがしい空気に満ちた風景でした。


                  高千穂 風景


                  その後、高千穂峡、淡水魚博物館を見物し
                  高千穂峡の昭和感漂う土産物屋兼食堂でランチ。

                  お食事処・千穂の家さんの「刈干定食1,500円」は、
                  観光客相手の店とは思えないレベルでよかったですね。
                  特に画像右端の「古代黒米うどん」はウマかったです。


                  高千穂峡
                  高千穂峡 刈干定食


                  2日目の宿は杖立温泉・「新ひたや」さん。

                  杖立温泉といえば山間の渓谷に湯煙立ち上る
                  「ザ・昭和な湯の街」

                  我々のお父さん世代が昔、会社の慰安旅行でハッスルした街です。


                  杖立温泉
                  杖立温泉 夜景
                  杖立温泉 路地


                  一歩裏通りに入ると細い路地がクネクネと続く
                  素敵なラビリンス。

                  非常に我々好みな雰囲気です。

                  新ひたやさんは、川沿いの小さな温泉宿。
                  おばあちゃん家に泊まったような感覚の
                  素敵な宿でした。


                  杖立温泉 新ひたや 昭和レコード

                  ちなみに宿にある「昭和のレコード」のコレクション
                  は無料で聴き放題です。
                  実に楽しかった…


                  ・高千穂観光協会
                   http://takachiho-kanko.info/
                  ・お食事処・千穂の家
                   http://tabelog.com/miyazaki/A4505/A450502/45000892/
                  ・杖立温泉観光協会
                   http://www.tuetate.jp/
                  ・新ひたや
                   http://tsuetate-onsen.com/hotel/66

                   
                  | トラベル | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                  昭和オヤジ旅・高千穂〜杖立温泉(1)
                  0
                    JUGEMテーマ:旅行


                    昨年末、友人のM氏と旅に出かけました。

                    旅のテーマは「昭和」「オヤジ」
                    ・できるだけオッサン臭く(昭和のお父さんをイメージ)
                    ・観光案内が勧める場所はどんなにショボくても
                     すべてを受け入れ(笑)、
                     できるだけエンジョイ&ハッスル!
                    ・地元の昭和なスナック・居酒屋・ドライブインを
                     堪能する
                    ・宿泊は寅さんが泊まりそうな「昭和な駅前旅館」
                     もしくはすごくリーズナブル宿

                    各地に残る「昭和の残像」を求めて、
                    「昭和のオヤジの慰安旅行」を気取って
                    旅してきました。

                    目的地は高千穂と杖立温泉。
                    2泊3日の車旅です。

                    初日の朝、大村市のM氏の自宅を出発し一路島原外港へ。


                    昭和オヤジ旅・島原外港
                    「島原の海は〜 悲しい色やね…」


                    昼前に九商フェリーに乗船。
                    有明海を横断し、熊本港へ約1時間の船旅。

                    軽自動車に大人二人で計2,980円(※キャンペーン価格)
                    でした。意外と安い!



                    昭和オヤジ旅 レース鳩専門店
                    「熊本市内で見つけた、ちょっと気になるレース鳩専門店」


                    熊本市内でちょっと寄り道の後、南阿蘇を経由して
                    一路高千穂へ。

                    年季の入った軽自動車にオッサン二人…

                    カーステレオで「ツイスト」や「薬師丸ひろ子」
                    とかの唄を聴きながら、昭和のプロレス、釣り、
                    そしてエロなトーク(笑)
                    楽しいドライブでした。


                    昭和オヤジ旅・阿蘇
                    昭和オヤジ旅・阿蘇2
                        「南阿蘇にて」


                    夕方4時ころ高千穂着。

                    本日の宿、ゲストハウス静穂(しずほ)にチェックイン。
                    素泊まりは3,500円とコスパ高し!
                    ちなみに部屋は簡素ですが、とても清潔で大満足♪


                    昭和オヤジ旅・高千穂・ゲストハウス静穂
                       「ゲストハウス静穂」

                    場所がちょっとわかりにくかったのですが、
                    高千穂中心部にあり、スナック・居酒屋さん等の
                    「高千穂のナイトスポット」の鼻先で
                    オッサン的にはとても便利です。

                    チェックインの後、車で5分くらいの高千穂温泉で入浴、
                    それから
                    下押方地区の夜神楽を見に下押方公民館へ。


                    高千穂・杖立・昭和オヤジ旅・高千穂夜神楽
                       「下押方公民館にて」

                    夜神楽の前半部分を2番(2幕)だけ見学した後、
                    さらに高千穂神社にて観光客向けの短縮版夜神楽を堪能。


                    高千穂・杖立・昭和オヤジ旅・高千穂夜神楽
                       「高千穂神社夜神楽会場」


                    夜神楽は初めて見たんですが、独特の雰囲気と
                    横笛の音がいいですね。


                    高千穂の夜神楽は本来夕方から始まって
                    翌昼前に終了するというものすごく長丁場な儀式です。

                    なので「夜神楽というものをちょっと見てみたい」
                    という感じなら、高千穂神社の観光夜神楽がおすすめです。

                    交通不便な高千穂ですが、夜神楽には外国人の方々も
                    たくさん見に来てました。

                    夜神楽を堪能した後は高千穂中心部の
                    地元系居酒屋・けんちゃんへ。


                    高千穂夜の街
                     「高千穂スナック街」


                    高千穂の夜は思ったより賑わってましたね。
                    山奥の小さな町とは思えない感じでした。

                    居酒屋さんは数件しかないようなのですが、
                    どこも満席!!
                    しかしちょうど先客の退店と入れ替わりに
                    なんとか入れました。

                    居酒屋けんちゃんは高千穂で人気のお店らしいです。

                    地元高千穂の焼酎飲みながらの
                    「高千穂産の超ジャンボしいたけの塩焼き」
                    美味かったですね。


                    昭和オヤジ旅・高千穂・居酒屋けんちゃん
                     「串焼き各種、宮崎名物チキン南蛮他」

                    昭和オヤジ旅・高千穂・居酒屋けんちゃんシイタケ塩焼き
                     「シイタケ塩焼き、デカい!ウマい♪」



                    昭和オヤジ旅・高千穂〜杖立温泉(2)に続く


                    ★ 九商フェリー
                    http://www.kyusho-ferry.co.jp/
                    ★ 高千穂観光協会
                    http://takachiho-kanko.info/
                    ★ 高千穂神楽のご案内
                    http://takachiho-kanko.info/kagura/
                    ★ 居酒屋けんちゃん
                    http://takachiho-kanko.info/gourmet/detail.php?log=1338277571&cate=4&nav=1
                    ★ ゲストハウス静穂
                    http://kudo-home.jp/shizuho

                     
                    | トラベル | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
                    平戸・根獅子の浜
                    0
                       JUGEMテーマ:旅行


                       平戸・根獅子(ねしこ)の浜海水浴場へ行ってきました。

                      自宅からバイクで1時間ちょっと。


                      平戸・根獅子(ねしこ)の浜海水浴場


                      長崎県北部でもっともきれいと言われるビーチです。

                      美しいところですが、人は少なく静かです。


                      平戸・根獅子

                      平戸・根獅子の浜海水浴場

                      平戸・根獅子海水浴場


                      都市からも遠く、周辺にはリゾート施設等まったくありません。

                      少々不便なところもありますが…

                      遠くの方にも遊びに来てほしいですね。


                      | トラベル | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP