カワムツブログ!

管理人ヨッシーによる釣り・アウトドア・旅に関する日々の雑記帳。関西から九州地方までの釣り情報も載せていこうと思ってます。
<< 高島周辺にてボート釣り | TOP | トレーニング再開!久しぶりの愛宕山 >>
佐世保市・永ノ島炭鉱跡
0
    JUGEMテーマ:長崎 佐世保市


    先日高島へボート釣りに出かけた時に、
    以前から気になっていた永ノ島炭鉱跡の全貌を
    見ることができたので、海上から撮影してきました。


    永ノ島炭鉱跡


    永ノ島炭鉱(えいのしまたんこう)は、佐世保市小佐々町に
    かつてあった炭鉱です。

    長崎県北部の北松浦半島一帯には、かつて北松炭田という
    炭田が
    広がり、多数の中小炭鉱が採掘をおこなっていました。

    これら炭鉱から採掘される石炭が、多くの炭鉱夫と
    その家族の生活を支えていました。

    永ノ島炭鉱跡は北九十九島の永ノ島に存在し、
    その遺構を今でも見ることができます。


    永ノ島炭鉱跡 陸地から


    陸地からも一部見ることができますが、
    船に乗り海上からの方が全体を良く見ることができます。

    コンクリート製の採掘施設、石積みの護岸、船着き場などが
    比較的良く残っています。

    永ノ島炭鉱跡
    永ノ島炭鉱跡


    最後期に採掘されたのであろう石炭も、
    いまだに野積みされたままになっています。

    永ノ島炭鉱跡 石炭


    長崎の炭鉱跡というと、今では軍艦島(端島炭鉱跡)
    が有名ですが、こういう無名の小さな炭鉱跡も
    どことなく哀愁があっていいですよ。

    日本のこれまでの発展を支えてきた、炭鉱と炭鉱夫の方々
    ご苦労様でした。

     
    | いろいろ | 21:12 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
    コメント
    日本の高度成長に伴い石炭の需要も激減し各地で閉鉱が・・・
    現在其の面影を辿ると何か者寂しさも感じられる光景ですね。
    | あすか | 2013/11/16 5:01 PM |
    私の年代では炭鉱好景気のころを知りません。

    今ではこういった遺構と、
    「かつてはにぎやかだった…」
    というお年寄りの話しかありません。

    哀愁溢れる寂しい風景です。
    | ヨッシー | 2013/11/19 9:04 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://kawamutsu.tsurishi.net/trackback/1434744
    トラックバック